沿

嘉永 7年 肥前大村藩より融資を受け、当地小見川にて大村屋商店を創業する。(1854年)
元治元年 当地旭にて飯田佐次兵衛商店を創業する。(1864年)
明治35年 飯田佐次兵衛(5代目)が、日本人として初めて醤油の海外生産をハワイにて試みる。
昭和 8年 (株)飯田本店を設立。
昭和14年 山本力蔵が、現在の中華人民共和国にて醤油・味噌の工場を開設し、終戦まで営業する。
昭和27年 (株)大村屋を設立。
昭和39年 (株)大村屋と(株)飯田本店が合併し、資本金2千万円にて、ちば醤油(株)を設立。
昭和46年 小見川工業団地内に、敷地約11,000坪の敷地に新工場を建設する。
昭和50年 同工場の排水処理施設を完備し、公害対策を尽くす。
昭和58年 資本金を3千万円に増資する。
昭和60年 資本金を4千万円に増資する。
平成元年 漬物を主体にして、通信販売を本格的にスタートする。
平成 3年 加工分野をより充実すべく、たれ専用工場を新設する。
平成 4年 品質管理、製品開発を、より充実すべく研究所を新設する。
平成 7年 資本金を5千万円に増資する。
平成13年 全国醤油品評会にて、5度目の農林水産大臣賞を受賞する。
平成14年 本社工場、旭工場共醤油製造のオーガニック認定工場となる。
平成15年 旭工場が漬物製造のJAS認定工場となる。
平成16年 本社工場つゆ製造部門でHACCP認定工場となる。
平成18年 グルメ雑誌「dancyu」5月号の記事「ピカイチの醤油」で、下総醤油が人気№1を獲得。
平成18年 全国醤油品評会にて、再仕込みしょうゆ「千波」が優秀賞を受賞。
平成19年 iTQiコンテスト(国際味覚及び品質審査会)にて、下総醤油が2つ星獲得。
平成22年 iTQiコンテスト(国際味覚及び品質審査会)にて、平成19年に続き下総醤油が2つ星獲得。
平成25年 ハラール認証を取得し、イスラム教徒向けの醤油「ハラルこい口醤油」を発売。
平成26年 漬物工場(旭市)を香取市の本社事業所に移転。
平成26年 ちば醤油株式会社創立50周年を迎える。

ご相談、サンプルのご依頼は、0478-80-7177までご連絡ください。