HOME > ちば醤油を支える人たち > お客様企業 > にんべん

にんべん

厳しさと優しさで支えてくださるお客様企業

310余年の歴史の始まりは、わずか数枚の戸板から

創業時、わずか数枚の戸板を並べて、かつお節や干し魚類を販売した時代から既に310余年。

にんべんは、鰹節専門店として今に至ります。

そして、平成22年10月28日に日本橋本店をコレド室町にオープンし、当社のコンセプト提案の場として、「日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)」を併設しました。

  • 削り立ての本枯鰹節から取った、本物のだしを提供する。
  • ご飯やだしの効いた汁物、美味しい和総菜を通じて日本型食生活を提案してゆく
  • 出来たての料理をお客様に直接お渡しする。

これが、「日本橋だし場」のコンセプトです。

私たちは、現場においてお客様の生の声や反応を知りたいと思い続けてきました。

もとより、東京 日本橋は当社の原点。

元禄12年(1699年、江戸時代)、江戸の台所、日本橋に店舗を構えて以来、明治、大正、昭和、平成と、激動の時代を乗り越えながら、伝統を受け継いできました。

そして、310余年の伝統にあぐらをかくことなく、私たちは常にイノベーターでありたいと考え続けています。

1日1,600杯!!

「日本橋だし場」のテーマは、「一汁一飯」

削り立ての本枯鰹節を使った「かつお節だし」100円、炊きたてのご飯に本枯鰹節をたっぷりのせ下総醤油をかけた「かつぶしめし」150円、月替わりの汁物350円と大変リーズナブルな価格でご提供しています。

ある意味で実験店舗でもある「日本橋だし場」ですが、オープンしてみたらびっくり、これまでに1日1,600杯の「かつお節だし」が販売されたこともあります。

女性を中心に若い年代からお年寄りまでお越しいただき、これまでにない顧客層を開拓、多くの方々に新たな「にんべん」ブランドを知っていただくことができました。

日本が誇る発酵食品である「本枯鰹節」を後世に伝え、世界の人々に「だしの美味しさ」を楽しんでいただくため、にんべんが培った日本橋の食文化をモダンにアップデートしながら、日本型食生活(鰹節から始める健康生活)を提案していくのが、私たちにんべんの使命だと考えています。

▲ページトップへ

簡単だしとり器「だしポット」に、「SMART KEZURIKI」

「日本橋だし場」の開設を足がかりに、にんべんでは次世代の商品開発も進めています。

本格的なかつおだしが簡単にとれれば、料理はもっと美味しくなるはず!

そんな発想から、水とかつお節をいれて、レンジでチンするだけで美味しいだしがとれる、「だしポット」を発売。

もう、だしとりは面倒、、、なんて言わせません!


そして、食育の現場から生まれた、「SMART KEZURIKI」(スマート削り器)。

鰹節を削る体験を通して、本物のだしを知っていただきたい、そして削ることを楽しんでいただきたいという想いから、透明なケースにして削れるシーンが見える、簡単に洗えて楽に保存できる削り器を開発しました。

にんべんは、これからも本枯鰹節を軸にした、より簡単で、より美味しく楽しい時間が過ごせる提案をします。

▲ページトップへ

腐りやすく劣化が早い、、、困難のスタート

昭和38年、にんべんは「煮物および麺用つゆ」の開発を急いでいました。

求められる品質、価格、開発期間などの条件を満たすため、試行錯誤を繰り返し、開発スタッフのがんばりで、ようやく試作品の開発までたどり着きました。

ただ、当時、生産設備を持たないことから、他の企業に生産を委託する必要がありました。

最初にコンタクトしたのがある醤油メーカーでしたが、諸々の理由から断念。

その時、その醤油メーカーから紹介を受けたのが、ちば醤油さんでした。

ちば醤油さんから委託可能との返事をうけ、両者は、ただちに生産に向けた準備を開始しました。

ただ、かつお節のだしは腐りやすく品質の劣化が早いので、商品化が難しいというのが当時の醤油業界の常識でした。

両社は、技術協力・技術開発によりこの困難を乗り越え、当時としては画期的な動物性のだし(かつお節)を加えた「つゆの素」を造り出すことに成功したのです。

こうして昭和39年度に製造ラインが完成し、製造・販売体制が整いました。

今では、つゆの素・ごまだれ・ドレッシングなど、にんべんの液体調味料やふりかけ(ソフトタイプ)の味付けにちば醤油さんの製品を使っています。

▲ページトップへ

一緒に育ててきた

ちば醤油さんとは、共存共栄。

困難な課題を、共に協力して乗り越え、一から育て上げ、一緒に造り上げてきました。

既に40数年。

先代の時代からのお付き合いですからね。

商品の形態やボトル形状など、時代の多用なリクエストに沿って、最新の技術を駆使し高品質な製品をお客様にお届けするため、今後もご協力いただきたいと思っています。

株式会社 にんべん

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町一丁目9番4号
Daiwa日本橋本町ビル9F
TEL:03-3241-0241(代)

URL:http://www.ninben.co.jp/

▲ページトップへ

安心と安全

お客様の声

ネットショップ

ちば醤油を支える人

マスコミ取材歴