しょうゆの国の美味しいちば醤油トップ > 安心と安全 : ちば醤油の公的ライセンス

安心と安全

わたしたち、ちば醤油は、みなさんの口に入る食品を造っています。

ですから、手間とひまがかかっても、工程が複雑になろうとも、お客様の信頼にお応えします。

例えそれが、お客様にお伝えしづらい、地味できめ細かい作業であっても、多くの社員が、真剣にお客様の安心と安全を守る努力を怠りません。

わたしたちは、安心で安全な製品を作るために、いくつかの公的ライセンス(認証)を取得しています。

お客様に安心と安全をお約束するための、ちば醤油の、ほんのわずかな自慢です。

ば醤油の公的ライセンス

HACCP(つゆ製造部門)

HACCPは、Hazard Analysis Critical Control Pointの略で「危害分析重要管理点」という意味。

米国生まれの、食品の安全性を確保するべく生まれた品質管理手法で、口に入る食品をいかに安全に製造していくか、製造過程の中で重要な管理点を明確にし、製造に携わる者がわかりやすく、かつ確実に製造していくための考え方で、宇宙食の製造規格がベースとなってます。

HACCPの規格に基づいて製造・管理していくことにより、製造者の意識が向上、統一化され、異物、微生物などを取り除き、より安全な製品を皆様にお届けすることができるようになります。

実は醤油メーカーでHACCPの認証を受けるのはめずらしいケースだと言われています。

ハラール認証

ハラールは、イスラム法において合法であることを意味し、主にイスラム法上で食べられる物のことを表します。

反対に、非合法なもの、食べることのできない物をハラームといいます。

イスラム法においては、豚肉など一部の食品を食べることが禁じられていますが、その他の食品においても加工方法、調理方法に関して一定の基準が求められています。

この基準に基いた食品がハラールとされます。

ちば醤油は、日本製醤油の製造においてハラールの認証を取得 しています。

有機(オーガニック)JAS認定

JASは農林水産省が特定の飲食料品などに与える認証です。

有機認証を得る為には、通常品とは製造工程を別に確保して、製造履歴を明確にする為、専門の管理職が必要になります。

そのぶん、手間と時間がかかりますし、運営・管理が厳しく問われます。

JAS規格(日本農林規格)で有機しょうゆと名乗るためには、厳格な基準を守り、商品を製造しなければなりませんが、当社は毎年、第三者機関による監査を受け、認証を取得しております。

米国FDA輸出ライセンス

米国向けに製品の輸出を許可するライセンスで、FDA(米国食品医薬品局)の査察を受入れ認定されました。

大変厳しい基準や要請を満たさなければならないため、認定を受けた当時、米国FDAライセンスの取得モデル企業にもなりました。